2006年06月02日

『マインドコントロール』

人気blogランキング、引越しました!
そして、現在第5位。
鬼ブログランキングもちょっとずつ上がってきてます!!
あなたのおかげです!!
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











え〜と、今日は、面白い本を紹介てみようかなと思います。









【宣伝術・その22】 『マインドコントロール』









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。









今日は、本の紹介です。







情報起業に限らず、ビジネスというのは、人と人の交渉があって成立します。


人との交渉は、いわば、相手の心の読み合いです。


相手が、何を考え、どう行動してくるかを予測しながら交渉するものです。


だから、マーケティング心理学といったものがあるわけで、
ビジネスと心理学は切っても切り離せないものなのです。


そのビジネスと心理学を、学問としてではなく、
実際の経験をもとに別の角度から分析しているのが、今日紹介する本です。



もしかしたら、読んだことあるかもしれません。



これです。




マインドコントロール2.jpg


思わず買ってしまう…マインドコントロール マーケティング! TVショッピングの仕掛け人が明かす9つの心理操作テクニック


星野卓也 著

フォレスト出版



あっ、アフィリ貼ってますが、別に買わなくてもいいですから。



この星野氏は、プロのシナリオライターです。


タイトルにもあるとおり、以前はTVショッピングの構成作家をしていました。


そのときに得たノウハウをまとめてるわけです。



内容をかいつまんで言いますね。


まず、人の心を操作する要素を


「行動」、「思想」、「感情」、「情報」、「時間」の5つに分類して、


さらに、それらを細分化して9つの心理操作テクニックとしてまとめています。


その心理操作のテクニックを並べてみましょうか。


【9つの心理操作テクニックの紹介】

Chapter 1 「行動」のコントロール《ミッション 動いてゆく顧客を留まらせろ!》

  行動のコントロール 1【コミュニティ構築】「コミュニティ構築」によって顧客をリピートさせる!

  行動のコントロール 2【いきなり定番】「いきなり定番」として売り出せば、商品が売れ続ける!


Chapter 2 「思想」のコントロール《ミッション 固定観念を覆せ!》

  思想のコントロール 3【バーチャル体感】「バーチャル体感」でリアルを超える!

  思想のコントロール 4【俯瞰と機能】「俯瞰と機能」で市場の中での商品の位置を把握させる!


Chapter 3 「感情」のコントロール《ミッション 両極端な方法を使い分けて心を揺さぶれ!》

  感情のコントロール 5【記号押し】 メリットを「記号的に」に重ねて、お客さまの心を揺らす!

  感情のコントロール 6【振り幅】デメリットで「振り幅」を拡げて、お客さまの心を揺らす!


Chapter 4 「情報」のコントロール《ミッション 世界観構築を極めて、商品を高く長く売れ!》

  情報のコントロール 7α【視覚の世界観構築】「視覚的世界観」を構築して、価格を納得させる!

  情報のコントロール 7β【文字の世界観】 文字情報を拾わせて「世界観」を脳内に構築させる!


Chapter 5 「時間」のコントロール《ミッション 時間を操作して、あらゆる展開に対応しろ!》

  時間のコントロール 8【時間の緩急】 緩急をつけた商品説明、時間を見きわめて売る!

  時間のコントロール 9【時間限定】 限られた時間で、より有効な情報を提供して売る!



これは目次から抜粋してるんで、そのまんまなんですが、要はこういうことです。


そして、これらのテクニックをもとにシナリオを作ってしまうと、
そのシナリオ通りに買い手が動いてくれるというのです。


これまでに爆発的にヒットしているモノも、これらの 「人の感覚を効果的に刺激する」ことで
購買に結びつけるシナリオが描かれていたのだということです。


それを、実際のヒット商品の事例をあげて、わかりやすく、興味深く解説してくれています。




かなり読み応えありますね。


なにより、情報起業にそんまんま当てはめられちゃうんですよ。


たぶん、読んでると、

「あっ、これ使える」

「これも!」

みたいなことになると思いますけどね(笑)。


下手なマーケティング理論の本を読むよりもずっと勉強になると思いますよ。




ボクなんかは、これを読みながら、


「この本パクって商材つくれねぇかなぁ」


なんて思っちゃいましたからね。


それだけ内容の濃いもので、情報商材として高額で売られていてもおかしくないノウハウ本ですね。





もし、マーケティング心理学とか勉強してみたいと思ってる方がいましたら、
小難しい本を読むより、この本読んだ方がいいですよ。


一度本屋で立読みでもしてください。


30分もあれば読めますから(笑)。














最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 10:02 | Comment(24) | TrackBack(2) | 販売戦略関連
2006年05月18日

『おまけ商法』これからどうなる!?

人気blogランキング、鬼ブログランキング、ともに、ちょっとずつ上がってきてます!!
まだまだイケます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング








【宣伝術・その7】 『おまけ商法』これからどうなる!?





最近、情報商材にはいろんな特典がついてきます。

いっぱいあって目移りしてしまいますよね。


これは、本でもCDでも、みんなお店ごとに違う特典がついてくるのと一緒ですよね。


他のアフィリエイターに負けないように個性を打ち出し競争する、
いい活性剤になっていると思うのでものすごくいいことだと思います。


ただ........、





こんにちわ。

“スジオ”改め“元宣伝マン・スージー”です。

先日から、内容を一新してお送りしてます。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。





以前、ボクが宣伝していたアーティストでベストアルバムを出したことがありました。

もともとビッグネームだったので、300万枚は売れるだろうと予想していました。


ただ、上層部から出た指令は、

「500万枚売れ!」

「アルバムのセールス記録を塗り替えろ!」

でした。


いくらなんでも無理だろうと思っていたのですが、


そのときにとった戦略が

「おまけ商法」

でした。


いろんな特典をつけたのですが、

極めつけは、

「14枚のトレーディングカード封入」

です。


しかもCD1枚につき、カード1枚。

つまり、カードを全種類そろえるには、CD14枚買わないといけないことになります。


「どうせそんなに買わないだろう」と思っていたのですが、

買う人がいるんです、14枚まとめて。


かなりブーブー言いながら買っていくわけです。


どのくらいのリスナーが14枚まとめて買っていったかはわかりませんが、
結果として500万枚売れました。


その時点で歴代1位の記録です。


でも、実際は、どのくらいアルバム自体が売れたかはわかりません。

「おまけ」と「本体」がいれかわっちゃたんですね。

「おまけ」にCDがついてくるイメージです。




どう思いますか?




これってユーザーのことを考えてませんよね。

決していい商法とはいえません。


なぜ、このような話をするかというと、

最近、情報商材にもかなりの特典がついてきます。

アフィリエイターごとに工夫を凝らして様々な特典がついてきます。

それに、特典自体が、ものすごく役に立つものであることが多いので、
これ自体は、すごくいいことだと思います。


でも、もし今後、「14枚のカード」的な発想で情報商材が売られだしたら
ヤバイかなと思い、あえて記事にしました。


実際に、「何を買うか」というより「誰から買うか」という風潮になってきているところもあるので、
エスカレートしなければいいなと思い、書きました。


例えば、特典ではないですが、


商材がバージョンアップしたときに、再度売り出すとか考えられますよね。

そうすると旧バージョンを持っている人はまた買わなければならないということになりかねません。


でも、実際はバージョンアップしたら、無償で提供してくれるインフォプレナーの方が
ほとんどですので、かなり良心的です。



ただ、ボクが見た中で、商品自体に「14枚のカード」的な付加価値を
つけて売り出している商材もあります。


もしかしたら、これも複数個買う人もでてくるかもしれませんが、
必ずしもそうとは限らない微妙なラインで売り出しています。


かなり戦略的に頭の良い方法だなと思ってみていました。


あえて商材名はいいませんが、興味ある人は探してみてください。

ものすごく戦略的に勉強になります。


いろんなセールスページを見て、どのような戦略がとられてるか研究してみるのも面白いものですよ。



なんか今日は、非難を浴びそうな記事になってしまいましたが、

この業界が好きで、そうなってほしくないという思いから書いたものなので、
理解してくださいね。









最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 09:08 | Comment(64) | TrackBack(2) | 販売戦略関連
2006年05月17日

『セミナー告知方法』を考えてみました。

人気blogランキング、鬼ブログランキング、ともに、ちょっとずつ上がってきてます!!
まだまだイケます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング








【宣伝術・その6】 『セミナー告知方法』を考えてみました。






○○○○東京ドーム公演、10分でソールドアウト!!


こんな記事見たことありますよね。

これって本当のことだと思います?

それとも、

ウソだと思います?





こんにちわ。

“スジオ”改め“元宣伝マン・スージー”です。

先日から、内容を一新してお送りしてます。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。





結論からいうと、


本当です。


ただし、裏があります。


だって、そうでしょ?

例えば、東京ドームだとして、
キャパは50,000人ですから、物理的に無理があります。

1秒間に100人近くにチケットが売れなければならないわけですからね。


じゃぁ、なぜ可能なのか?


それは、チケットの配分にあります。


チケットを販売する際、どのような手順で販売しているか。


順番にみていきます。

 1.まずステージとPA席(音の調整をするミキサー席のこと)を
   決めて全体の客席数を出します。
 2.関係者の席数を出します。
   アーティスト関連、マスコミ関連などなどの
 3.ファンクラブの優先席を出します。
   一般発売前に先行予約で販売します。
 4.イベンター(そのライブを主催する会社
   ○ドー音楽事務所みたいな)の会員用優先席を出します。
   一般発売前に先行予約で販売します。
 5.一般発売


こんな手順です。


それで、一般発売の前段階の4の時点でチケットの8割くらいは埋まってしまっているのです。


つまり、一般発売されるときには、チケットは大方なくなっているわけです。


このような販売手順をとるのは、

1.チケットの実売状況を把握し、調整できるようにするため。
2.そのアーティストをすごいと思わせる宣伝トピックに使うため。

この2つが大きな理由です。


こうすれば、10分ソールドアウトも可能ですよね。



謎は解けました?



で、これって、セミナーの販売に応用できるかな?と思うのですが。



今、セミナーのチケットを売るときって、普通に販売してますよね。

アフィリエイターの方が、ブログやメルマガなどで告知して。

で、残り何名分で終了とか言って。


これを、例えば、次のようにしたらどうでしょうか?

 1.セミナー開催の告知をする。○月○日一斉発売!みたいに。
 2.セミナー出演の起業家のハウスリストを元に先行予約を開始
 3.アフィリエイターが有料メルマガとか発行していれば、
   そこでの先行予約。
 4.一般発売開始


どうでしょうかね?


これやったら、おそらく秒殺なんじゃないですか?

それで、その後に、追加席販売とかやったら、これもすぐに売れますよね。


ただ、問題なのは、アフィリエイターの方が、一般発売するときに
販売できる席数が少なくなってしまうため、
それをどのように配分するかってことでしょうか。


これをクリアにできれば、結構使えると思いますが。








「○○○○セミナー、5秒でソールドアウト!」







とかいう記事がメルマガで飛び交うかもしれないですよ(笑)。








最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 09:49 | Comment(48) | TrackBack(1) | 販売戦略関連
2006年05月16日

続・『飢餓感』を与える

人気blogランキング、鬼ブログランキング、ともに、ちょっとずつ上がってきてます!!
まだまだイケます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング








【宣伝術・その5-2】 続・『飢餓感』を与える






頭がガンガン痛い。

風邪ひきました。




こんにちわ。

“スジオ”改め“元宣伝マン・スージー”です。

先日から、内容を一新してお送りしてます。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。





昨日の続きです。


○○名まで○○円ていう方法。

「この人数を越えたら値上がりします」って方法。


あるいは、

「○月○日で値上がりします」っていう手法。



情報起業では、こんな感じの手法がとられることがありますね。



どちらも、かなり効果的な方法だと思います。


その値段で買いたいと思う人が殺到する可能性があります。




では、買えなかったとして、値上がりしても確実に買いますか?



「No」と答えた人いるんじゃないかと思います。



じゃぁ、いつ手に入るかわからないけど、同じ値段で手に入りそうなら買いますか?



「Yes」が増えたんじゃないでしょうか?




要するに「値段」に魅力を感じている人も少なからずいるということですよね。


だからこそ、値上げ前はすごく盛り上がります。





でも、値上がりした後も、その盛り上がりって続いてます?


そんなことはないですよね。

要するに、「売れる時期」は終了してしまう可能性が高いわけです。

もちろん例外は多く、盛り上がり続ける場合もありますが。


ボクが言いたいのは、不安定だということです。




そこで、思いついたのが、




「だったら、値上げしないで、また売り出せばいいんじゃない?」




ってことです。




「アホか」と思った人も少しだけ聞いてください。




ただ同じ値段で売るわけじゃないですから。





このようにします。





「第一期販売:限定100部のみ 販売期間○月○日〜○月○日まで」





これには、ポイントがいくつかあります。

・限定100部
  →100部以上申し込みがあったら200部で300部でも売っちゃいます
  →100部に達しなかったら、販売期間終了の前に完売告知して早期終了


で、一番のポイントは、

 「第一期」といってること。


普通「第一期」があれば「第二期」もあるんじゃないかと思いますよね。

でも、はっきりあるとは言わないんですよ。


はっきり言ってないけど、次もあるんじゃないかと思わせる。

ここが「ミソ」です。




「その値段で買えなかったけど、高い値段ならまたすぐに買える」


という飢餓感と、



「今はないけど、もしかしたらもうすぐ買えるかもしれない」



という飢餓感と、



どっちが「飢え度」が高いと思います?



ボクだったら、後者ですね。




こうすることで、次にでたら、今度こそ買おうと思う人をキープできるのではないかと思います。


しかも、売り出したときと同じ値段だったらどうでしょうか?



おそらく買うと思います。





要するに、


 「餌」をぶらさげながら「飢えさせる」


ということですね。



ただ、飢えさせるのとは違いますよね。



もちろん、「値上げ」というのも「餌」はつるしてるんですが、


「つるしている場所が高くなって食べにくくなっている」


のですよ。



これをもう少し食べやすくしてあげたのが、今回の方法です。




実は、この方法とってるんじゃないかと思える起業家もいますよ。

>・限定100部
  →100部以上申し込みがあったら200部で300部でも売っちゃいます
  →100部に達しなかったら、販売期間終了の前に完売告知して早期終了

こういうやり方してるかはわかりませんが。





それと、この方法は、そう何回も通用しないとも思います。


なぜなら、お客さんも先を読みますから。


「どうせ、またすぐに同じ値段で売り出すんだろ」

「だったら、次でいいや」


みたいに......。



だから、そのときにこそ、値上げをすればいいいんです。


「ヤバイ。油断してた」


と高くても買う人は増えると思います。




このような方法をとれば、コンスタントな数字を見込めるんじゃないのかなぁと思うのですが.......。


どうでしょうかね?



あくまでも私見なので、正解かどうかはわかりませんが。




でも、


ちょっと想像してみてもらえます?


もし、今、販売中止になっている商材が、


突然、再販売し始めたら、あなたは買いますか?



ということです。








最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 12:57 | Comment(46) | TrackBack(0) | 販売戦略関連
2006年05月15日

『飢餓感』を与える

人気blogランキング、鬼ブログランキング、ともに、ちょっとずつ上がってきてます!!
まだまだイケます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング








【宣伝術・その5】 『飢餓感』を与える






ちょっと想像してみてもらえますか?

もし、あなたが欲しい商品があったとして、お店にいきます。

そのとき、求めていたその商品をさらに欲しくなってしまう状況ってどんなときでしょうか?





こんにちわ。

“スジオ”改め“元宣伝マン・スージー”です。

先日から、内容を一新してお送りしてます。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。





CDには発売日があります。

その発売日に、店頭に並ぶCDの初回生産分をイニシャルといいます。

このイニシャルの枚数で売れ方も大分変わります。


このイニシャルの枚数をどうすると売れ方が変わると思いますか?

営業マンであったり物を売る人って、たくさんの契約や注文を取ってきた方がいいですよね。

普通はそうです。


だから、普通のレーベルであれば、イニシャルが多ければ多いほど良しとします。



で、このCDソフトの流通システムでは、売れ残ったものをメーカーに返品できます。

なので、前評判だけで、大量に入荷してしまう場合が結構あります。


でも、それが、もし売れなかったら、店頭にはたくさん残りますよね。


それを見たお客さんやショップの店員が受ける印象は、

「売れていない」

という印象だけです。


そこで、


ボクらは全く逆戦略をとりました。


「積極的に注文を取らない」という戦略です。


まぁ、ある程度売れているアーティストだったからできたことなのですが、
ショップからの希望の注文数を抑えたのです。


イニシャルを抑えて

「売り切れ」

の状態にしたわけです。


すると全く逆の現象がおきます。

やっぱり、ないものを欲しがるんですね、人って。


「飢餓状態」にしてしまうわけです。



情報起業でも、似たような手法がとられてますよね。


○○名まで○○円ていう方法です。

「この人数を越えたら値上がりします」って方法ですね。


あるいは、

「○月○日で値上がりします」っていう手法。


どちらも、かなり効果的な方法だと思います。


その値段で買いたいと思う人が殺到する可能性があります。


でも、もし難点をあげるのであれば、
値上がりした値段で買う人がどれだけいるか予測できないことでしょうか。

もしかしたら値上がりしたら買わない人も出てくるかもしれないですし。


そこで、さらに効果的な方法があるのではないかと考えました。


で、一つ思いつきました。


っていうか、やっている方もいらっしゃいますが。



それは......






すみません。

また明日ということで。




もし良かったら、また、いろんなアイデアを募集します。


なんか面白いアイデアが生まれるかもしれないですよ。








最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 10:59 | Comment(54) | TrackBack(0) | 販売戦略関連
2006年05月14日

『ブレイクポイント』はどこだ!?

人気blogランキング、鬼ブログランキング、ともに、ベスト10入りを前にしてランクダウン!!
ピンチです!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング








【宣伝術・その4】 『ブレイクポイント』はどこだ!?






あなたは、何のためにブログをやっているのですか?


毎日、事務的にタダ更新を繰り返して時間が過ぎていったりしてないですか?




こんにちわ。

“スジオ”改め“元宣伝マン・スージー”です。

ちょっと今日は更新がおそくなってしまいました。

先日から、内容を一新してお送りしてます。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。





え〜と、今日は、サザンオールスターズのお話をちょっとだけ。


彼らがブレイクしたのっていつだか知ってますか?


デビューしたときから話題にはなっていたのですが、

それはコミックバンドかと思わせる奇抜な歌詞や衣装のインパクトからでした。


本格的にブレイクしたのは、3枚目のシングル「いとしのエリー」
という曲からです。


1、2枚目のちょっとコミカルな印象のシングルとは打って変わって、
本格的なラブソングだったのです。

なので、リスナーはみんな、意外にも思いながら、この曲に惹かれ、
一気に大ブレイクしました。


そして、コミックバンドという印象から一転して正統派バンドとして
世間に認知され、現在まで数々のヒット曲を送り出してきています。




で、これなんですが、

実は、SASがデビューする前から描かれていたシナリオだったというのを知ってました?

実はそうなんですよ。


そして、ボクはまんまとその戦略にひっかかってしまった口です。



どういうシナリオかというと、


デビュー曲、2枚目の曲は、コミカルで早口な曲を出し、
   ↓ ↓ ↓
だらしない男のイメージを与えておき、
   ↓ ↓ ↓
3枚目で全く正反対の印象のバラードで一気にブレイクさせる

というシナリオです。



要するに、桑田佳佑の外見的なだらしないスケベな印象と
内面のすごくピュアな部分とのギャップを使ったイメージ戦略をとり
一気にブレイクさせるポイントを絞り込んでいたのです。


だから、「いとしのエリー」という曲はデビュー前からあったんですよ。


それでも、最初からリリースはせずに、1、2枚目はグッと我慢して、
3枚目につなげたわけです。


まぁ、こういう裏話があるわけなんです。





ここで、聞きたいんですけど、



「あなたは、自分のネット起業家として進むべき長期的なシナリオはありますか?」


「ただ、ダラダラとブログをやってたりしませんか?」


ってことです。


ネット起業で成功した人をみても、やはり最初からシナリオを
しっかりと描いていたんだろうなと思える人はたくさんいます。



例えば、「超速ブログ集客術」の沼倉裕さん。


彼の場合は、おそらく、最初からブログ集客に関する商材を出すということを
決めていたのだと思います。

それを実現するには、なにをすればを考え実行してきたのでしょう。


だから、アクセスを集め、ランキングで上位になることだけを考え、
日々研究していたのだと思います。

超速ブログ集客術



あとは、つい最近商材を出したパンダ渡辺さん。


彼のブログを遡ってみていただくとわかりますが、
最初の方はブログをやっていてもアフィリはしていません。

でも、結果的には、3ヶ月で100万円というキャッシュをつかんで、
しかも商材をだすまでにいたっています。


要するに、お金を稼ぐ時期のシナリオを自分の中で描き、
最初の間は我慢していたのでしょう。


パンダ渡辺の成功すっぽんエキス
効能:90日で100万稼ぐ方法!
(使用上の注意をお読みください)





いかがですか?




あなたも何か感じるものはありませんか?




ですから、僕らも考えなければいけないのは、


「今すぐ稼ごう」

ではなく

「いつ稼ぐかを考え、そのために今何をするか」


ということなのかなと、最近思います。




ということで、かなりマインド的な話になってしまいましたが、

とっても必要なことだと思います。



大切なのは、



「ブレイクポイントをイメージし、シナリオを立てよう!」



です。










最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 11:08 | Comment(33) | TrackBack(1) | 販売戦略関連
2006年05月13日

『続・モチベーションアップ対策』

人気blogランキング、鬼ブログランキング、ともに、ベスト10入りを前にしてランクダウン!!
ピンチです!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング








【宣伝術・その3-2】 『続・モチベーションアップ対策』




まずは、みなさん、いろいろと答えを書いていただきありがとうございます。

残念ながら、ドンピシャで正解の方はいらっしゃいませんでした。

すごく簡単な答えなんですよ。



こんにちわ。

“スジオ”改め“元宣伝マン・スージー”です。

先日から、内容を一新してお送りしてます。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。





人間も動物ですから、元来、闘争本能を持っています。

だから、戦争もおきたし、スポーツもあるわけです。

やっぱり物事、他人には負けたくないという気持ちがあるとどこかにあると思うのですが、
それが目に見える形で現れるとより勝ちたくなったりします。


だから、何かに付けてランキングっていうものがあったりしますよね。

この前、お話したランキング上位の意味も、
実は、奥底には、この「闘争本能」みたいのが大きく関わっているような気がします。




ということで、解答です。



それは、





「闘わせた」





です。



実際には、


「店頭ディスプレイのコンテスト」


をやりました。



もちろん、賞品も用意したのですが、対したものではありませんでした。

でも、かなりの数のショップが参加してくれました。

おそらく、賞品云々よりも、自分たちの力を誇示したかったのだと思いますし、

まさに、そこを狙ったのです。


そして、自分たちのディスプレイが一番だと言わんばかりに、

ディスプレイに力を注いでくれたのです。


結果、

「ディスプレイも充実」

「販売員のモチベーションもアップ」

させることに成功したわけです。



ものすごい単純な発想でしょ?



でも、この単純な発想がいい結果を生むことがあるのですから、ダメもとでやってみるものですよね。





で、





こういった単純な発想で、情報起業で何かできないかなと考えてみました。



今回お話した「モチベーションアップ」は、本人ではなく、

売り手の方のモチベーションを上げてもらうことがテーマです。


つまり、情報起業でいったら、アフィリエイターの方ですよね。



例えば、こんなのはどうでしょうか?



「OOOOOOO」という情報商材を出すとします。


その際に、


「アフィリエイターズ・ダービー@「OOOOOOO」」


とかいって、

その商材の売り上げコンテストをやるのです。



手順はこんな感じです。

 ・まず、自己アフィリで商材を購入してもらいます。

 ・アフィリエイターの方には、商材販売者がある一定の特典を用意します。
  (このコンテスト参加者のためだけの特典)

 ・コンテスト期間を設けてスタート

 ・売り上げ報告をデイリーでしてもらい、日々発表しランキングを競います。

 ・そして、コンテスト期間終了後、トップ10に入ったアフィリエイターには賞品をあげます。

 ・賞品は、商材購入代金の自己アフィリ報酬額を除いた自己負担分のキャッシュバック。(商材販売者本人から)

 ・もちろん、トップ3に入ったアフィリエイターには、さらに賞品を用意する。


といった感じです。


けっこうアフィリエイターのモチベーションアップにつながるような気がするんですけど。


かなりアナログな発想ですけど、ハマれば面白いと思いません?


これを専門に扱った登録制サイトみたいのがあっても面白いですかね。





ネットをやってると、どうしてもネットでのテクニックばかりに発想が偏ってしまいがちです。


でも、意外に、ネットを離れたところにヒントがあるような気がするのは、僕だけでしょうかね?









最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 11:48 | Comment(52) | TrackBack(0) | 販売戦略関連
2006年05月12日

『モチベーションアップ対策』

人気blogランキング、鬼ブログランキング、ともに、ベスト10入りを前にしてランクダウン!!
ピンチです!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング








【宣伝術・その3】 『モチベーションアップ対策』







もし、あなたが、情報起業家として、情報販売することになったとして、
当然、アフィリエイターの方に売ってもらうということが考えられますよね。

今、アフィリエイターの方々は、それぞれ独自の特典を用意して販売していますが、
これって、みなさんがそれぞれの人脈を駆使して特典を用意されているわけで、
結構大変だと思います。


特に、人脈がなかったり、まだ始めて間もないアフィリエイターだったり、
より大変で不利な人もたくさんいると思います。



こんにちわ。

“スジオ”改め“元宣伝マン・スージー”です。

先日から、内容を一新してお送りしてます。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。





CDショップって行きますか?

今、CDショップも経営難で大変だと思います。

おそらくタワレコの一人勝ちでしょうかね。

昔ながらの個人店は、つぶれちゃったところも多いと思いますよ。


で、CDショップ行くと、いろんなディスプレイがされてますが、

スペースの大小の差が結構ありますよね。


あれって、どういうパワーバランスで差がついてるか知ってますか?


あれはですね、



買ってるんですよ。



レコード会社がショップから。



要するに広告スペースと一緒ですよね。



レコード会社は、どんなメディアよりも、店頭スペースを確保することに重点を置いていたりします。


やっぱり、ショップにきている人は、何かしらCDを買おうと思っている人が多いわけですから、
一番訴求しやすいんですよね。


だから、予算的にも比重が置かれるわけです。




でもですね、これって問題もあるんです。



何かわかりますか?




ヒントは、リアルショップであるということ。







答えは、








「人が売っている」







ということです。



どんなに、大きなスペースを確保して展開しても、

最後は、販売員が売るので、販売員のモチベーションがあがらないと

必ずしもいい結果に結びつくとは限らないんです。



販売員が売るといっても、洋服店みたいに、


「お客さん、どうですか?この曲。

落ち込んでるときなんか元気がでますよ!」


なんて売るわけじゃないですけど......。



店頭でのディスプレイの仕方や、商品説明のキャプションとかに差がでてくるんですよ。


結果、売れ行きにも影響してくるというわけです。


なので、販売員のモチベーションを上げるためにいろいろ考えたのです。


それで、ある方法で、モチベーションアップに成功しました。



















その方法というのは......。


















すみません。

ひっぱちゃっていいですか?

ネタ切れになるのが怖いので(笑)。



それで、もし良かったら、答えを募集したいのですが、

参加しませんか?

わかった方は、コメントに答えを書いてください。

すごく簡単なことですよ。


正解者の方には、


何もあげられませんので、


1週間毎日、ボクが無条件で応援にいきます。


でなくても、結構応援には行ってるつもりなんですけど....。









最後まで読んでくれてありがとうございます!!


※この記事は、誤って上書き削除してしまったのですが、
 「若手デザイナーが送る、アメリカ発の最新ネットビジネス成功術」
 hayatoさんのおかげで復元することができました。

 hayatoさん、ありがとうございました!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 09:08 | Comment(41) | TrackBack(0) | 販売戦略関連
ブログアフィリエイト戦略暴露ブログ インデックス
         
◆ごあいさつ&目次
 └『情報起業で稼ぐ超ユニーク戦略大暴露!』  
◆販売戦略を考えよう!
 ├『マインドコントロール』
 ├『おまけ商法』これからどうなる!?
 ├『セミナー告知方法』を考えてみました。
 ├続・『飢餓感』を与える
 ├『飢餓感』を与える
 ├『ブレイクポイント』はどこだ!?
 ├『続・モチベーションアップ対策』
 └『モチベーションアップ対策』
◆プロモーション戦略はどうする?
 ├『ブランディングとセールス』の場を意識しよう!
 └『メディアミックス』で相乗効果を狙う
◆セールスレター作成したいなら
 ├『長持ち』するための秘訣
 ├『大』から『小』へ導く
 ├『ギャップ効果』で共感させる
 ├『疑似体験』させるのに有効な方法とは?
 ├『第三者の声』の必要性を考える
 └『ビジュアル戦略』...情報起業にあてはめると?
◆商材を作るには?
 ├『「無料」と「有料」の差』って何!?
 ├『商材作成ぶっとびアイデア』こんなのできる!?
 ├『簡単商材作成方法』を考えてみました!
 └『無料レポートの内容』ってどうやって決める?



   
◆ブログ戦略を考えよう!
 ├『ランキングクリック』の謎
 ├『更新時間告知』、増えてます!
 ├『カテゴリーの重要性』について
 ├『コメントしやすい記事』心がけてます?
 ├『コメント返し』効率的な方法は?
 ├『コメント返し』してますか?
 ├『追記機能は使うべきか』当ブログが出した結論は?
 ├『日付表示』当ブログが出した結論は?
 ├『続きを読む』は「使う人」ですか?
 ├『日付け』は「入れる派」ですか?
 ├『新着記事』まで何秒かかりますか?
 ├『ブログの色』は何色ですか?
 ├『真のランキング攻略術!』教えます!
 ├『カスタマイズ』は必要!?
 ├『タイトルバナー』についてです!
 ├『サイドバー』でも研究してみますか!
 ├『客観的』に見てますか〜!?
 ├『ゲーム性』を取り入れてみよう!
 ├『ランキングカテゴリー』をうまく使う
 ├『コメント回り』どうしてますか〜?
 ├『ブログ更新』する1番いい時間帯は?
 ├『ブログ更新』っていつしてますか〜?
 └『上位ランクインする意味』を考える
◆SEOを勉強しよう!
 ├『リンク』の最適な数って!?
 ├『メルマガ × ブログ』をフル活用しよう!
 ├『メルマガ』でSEO!!
 ├『コメントスパム』って何?
 ├『コメント』って大事なんです!
 ├『alt属性』って聞いたことある?
 ├『こちらをクリック』がダメな理由は?
 ├『インデックス』をフッターに置いてみよう!
 ├『フッター』をうまく使ってますか?
 ├『トップに戻る』表記はどうしてますか?
 ├『迷路ブログ』になってませんか?
 ├『箇条書き』はしてますか?
 ├『センタータグ』も使っちゃおう!
 ├『強調タグ』を憶えよう!
 ├『h2タグ』を日付からはずしちゃおう!
 ├『hタグ』の基本ルールを知っておこう!
 ├『タイトルタグ』で気になったこと
 ├『メタタグ』の設定をしちゃおう!
 ├『タイトルタグ』だけ変えちゃおう!
 ├『タイトルタグ』について
 ├『HTMLの基本構造』を確認しよう!
 └『SEO対策』はなぜ必要?
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

>