2006年06月01日

『長持ち』するための秘訣

人気blogランキング、引越しました!
そして、現在第5位。
鬼ブログランキングもちょっとずつ上がってきてます!!
あなたのおかげです!!
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











昨日、コメントを下さった方。


ありがとうございました。


そして、こちらからお邪魔できなくてすみませんでした。


今日から、またがんばりますし、ガンガン応援しまくりますので、


よろしくお願いします!









【宣伝術・その21】 『長持ち』するための秘訣









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。









アーティストが長い間、第一線で活躍するための重要なポイントはなんだと思いますか?


簡単に言います。


それは、


『新しいファンを獲得する』


これの繰り返しです。




「あたりめぇーだろ! そんなこと!」


こんな声が聞こえてきそうですね。


ハイッ、たしかに当たり前です。


でも、その当たり前のことができないから、すぐに消えていってしまうアーティストが多いのです。




では、どうしてできないのか?


これは、アーティストを含めた制作者側の意識の問題が大きいといえます。


どういう意識か?


それは、


「自分たちの音楽を聴くのが初めての人がいる」


ということを意識することなのです。


これを意識しないで、これまでの過去のファンを意識した制作をしていると、
新しいファンを獲得できません。


極端な話をすれば、『過去のファンは捨ててもいい』ぐらいの気持ちでもいいかもしれません。





あなたも思ったことありませんか?


「昔の○○のほうが良かったな。」


これは、新しいファンに向けて制作していってるからです。





でも、実はこれでいいのです。


過去のファンは年齢とともに、離れていってしまいますから。


仕方ないことなのです。


これが、長持ちする秘訣なのです。









これは、情報起業にもいえることなのです。


一つの商材をロングセラーにするために必要なことといえるのです。


そして、その商材を販売するときのセールスレターを書くときにいえることなのです。





あなたがセールスレターを書くときには、


「あなたの情報商材を買う人が、商材を買うのが初めてなのかもしれない」


ということを意識して書くべきなのです。


勘違いしてほしくないのですが、これは初心者に対してという意味ではありません。


「あなたの商材の存在を知らない人」

「あなたという人の存在を知らない人」


に対してという意味です。


なかには、初心者もいるでしょうし、初心者ではなくても、
あなたやあなたの商材を初めて知る人もいるでしょう。


それら全てに対してです。


こういう人たちに向けて発信することを意識してください。


あなたのことを、あなたの商材をすでに知っている人に向けてレターを書く
必要はないと思います。


もしかしたら、あなたのレターを見て、


「なんか半年前と変わんないね。」


とか思われるかもしれません。


でも、気にすることはないと思います。


ただ、レターの根底の部分を崩さないだけで、その時々の流れや
新しい情報は取り入れていかなければならないと思いますが。





「失敗しようがない情報起業成功法」の菅野一勢氏のセールスレターを
見たことがあると思います。


この商材はベストセラーですよね。


なぜ、ロングセールスになってるかわかります?


おそらく、先ほど言ったことを意識しているからだと思います。


ちょっとレターを見てください。


「失敗しようがない情報起業成功法」


キャッチコピーになんて書いてあります?


「たった5ヶ月で1,600万円も稼げるなんて、夢かと思った。」

「でも、僕の手元には今」


ですよね。




今の菅野氏は1ヶ月に2,000万円ぐらいは稼いでるのではないでしょうか。


でも、


いまだに、「1ヶ月に2,000万円を稼げるようになった秘訣を教えます」的な
コピーにしてないのはなぜでしょうか?


このほうが、かなりインパクトあると思いますけどね。





このことを考えるとおわかりになるのではと思うのですが。


あなたはどう思いますか?















最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 11:25 | Comment(25) | TrackBack(0) | セールスレター作成関連
2006年05月30日

『大』から『小』へ導く

人気blogランキング、引越しました!
そして、現在第5位。
鬼ブログランキングもちょっとずつ上がってきてます!!
あなたのおかげです!!
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











 ボク:「今度の取材記事なんだけどさぁ、10ページぐらいとれない?」

 編集者:「え〜!? 10ページ? 無理ですよ、そんなに!」

 ボク:「無理〜? そんなこと言わないでお願いしますよ〜」

 編集者:「いやぁ〜、そう言われても....10ページはちょっと....。」

 ボク:「ん〜、じゃぁ、何ページならいける?」

 編集者:「そうですね〜、5ページくらいならなんとか。」










【宣伝術・その19】 『大』から『小』へ導く









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。







冒頭の会話は、ボクが宣伝をやっていたときの、編集者との会話です。
こんな感じの会話はよくありました。


こういったパターンのときは、上の会話でいけば、大抵5ページぐらいに収まります。


このとき、ボクは10ページを希望してるようなことを言ってましたが、
本当は5ページ取れればいいかなぐらいにしか思ってませんでした。


これが、最初から5ページを希望して話していたとしたらどうなると思います?


 ボク:「今度の取材記事なんだけどさぁ、5ページぐらいとれない?」

 編集者:「え〜!? 5ページ? 無理ですよ、そんなに!」

 ボク:「無理〜? そんなこと言わないでお願いしますよ〜」

 編集者:「いやぁ〜、そう言われても....5ページはちょっと....。」

 ボク:「ん〜、じゃぁ、何ページならいける?」

 編集者:「そうですね〜、2ページくらいならなんとか。」


おそらく、こんな感じになってたと思います。





この違いわかりますよね。





「最初に大きくでて、小さくしていく」
ことで、自分が希望していることに近づけたわけです。





これは、様々なことに役立つ手法です。





情報起業でいえば、セールスレターで、商材の価格を提示するときに役立つと思います。





例えば、


ある商材の希望定価が19,800円だとします。


これを最初から19,800円で提示したとしたら、単純にどうでしょうね?


人によって感じ方は違うでしょうけど、「高い」って思うんじゃないですか?


でも、最初に39,800円で提示してから、


「今回は、19,800円でお譲りします」としたらどうでしょう?


すごくお得感がありませんか?





これって、ボクと編集者との会話の内容と同じですよね。





セールスレターの中で、価格を安く思わせるのに良く使われるのに、
例え話があります。


こんな感じです。

 「この価格を高いと思ってませんか?」

 「でも、もしあなたが○○しようとしたら、最低でも○○円ぐらいはかかります。」

 「それに比べたら安いものです。」

みたいなパターンですね。


この方法は大変有効だと思います。



でも、



最初に高い額を提示しておいて、


 「本来ならこの価格なのですが、今回に限り○○円です」


というのも、結構イケるのではと思いますが。





いかがですか?





本来は、どんなに高くても買いたくなるような商材であるのが理想なんですけどね。


ただ、その商材にそこまでの魅力を感じるかどうかは中々判断がつきません。


だったら、相手に、「このぐらいならいいかな?」と思わせるのも必要な手段なのではないかと思うのですが。















最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 09:53 | Comment(35) | TrackBack(1) | セールスレター作成関連
2006年05月29日

『ギャップ効果』で共感させる

人気blogランキング、引越しました!
そして、現在第5位。
鬼ブログランキングもちょっとずつ上がってきてます!!
あなたのおかげです!!
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











アーティストが書く詞と、そのアーティストのイメージにギャップを感じたことはないですか?









【宣伝術・その18】 『ギャップ効果』で共感させる









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。







B’zというアーティストがいます。


ボーカルの稲葉浩志。


彼のイメージってどんなんでしょうね?


ライブとか見たことがある人ならわかりますが、ものすごくワイルドです。
見た目的にはすごく男らしいイメージがあるかと思います。


でも、彼の書く詞の主人公は、ものすごく女々しい男性像が描かれているんです。


気づいてました?


彼らの曲を聴いたときに、


男の人だったら、

「あれだけの男前でも、実は弱いところもあるんだな......。」

「もしかして、自分だってあんな風になれるかも。」

女の人だったら、

「かっこいいのに、実はかわいいところもあるんだね。」

「なんか母性本能くすぐられちゃうね。」


こんな風に思ったことないですか?



もしあったとしたら、それは、もろに戦略にはまってます(笑)。


これは、まさに「アーティストのイメージ」と「作品(詞)に描かれている主人公のイメージ」の
ギャップをうまく利用し、共感させるための戦略なんですね。







ここまで、書けばおわかりでしょうか?







情報起業のセールスレターにもあてはめて考えてみましょう。



昨日、物語の話をしましたが、その物語に描かれる主人公を利用します。


昨日の記事

↓ ↓ ↓

【宣伝術・その17】 『疑似体験』させるのに有効な方法とは?(2006/05/28)


「成功者のイメージ」と「物語に書かれている主人公のイメージ」のギャップをうまく利用するわけです。


この場合の成功とは、「悩み」を解決できたということを総称して成功といってます。
決して、お金儲けに限定しているわけではありませんので。


物語の主人公は、成功には程遠いイメージで描きます。


その、成功には程遠い人間が、今では成功しているということをうまく表現してあげるのです。


そうすれば、まず、「自分もできるのでは」と思い込ませることができるでしょう。


これが共感です。


こう感じてもらえればしめたものです。





ここで、重要なポイントです。





ギャップってどのくらいのレベルであるべきなのか。




答えは簡単です。


差は大きければ大きいほどいいでしょう。



例えば、

「無一文だったボクが億万長者になった。」

よりも

「借金だらけのボクが億万長者になった。」

のほうが

「すげぇな〜!」

って思いませんか?


一気にマイナスからプラスに持っていっちゃったほうが効果があがると思います。



そして、もう一つ重要なポイントです。



こういった表現は、全くの事実を書く必要はないということです。


ある程度誇張した表現で、肉付けしてあげていくべきなのです。


これは決してウソをいっているわけではなく、
大げさに言ってるだけですから、問題ないと思います。


それが、ライティングのテクニックなわけですからね。


「この物語は、事実をもとに書かれたフィクションです。」


ぐらいでいいような気もしますが。


ボクの場合が、「ノンフィクション」でもいける自身ありますけどね(笑)。



っていうのは置いといて、


「レターで物語を書くときは、主人公のギャップも意識して書いてみましょう。」


ということでした。






















最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 10:59 | Comment(67) | TrackBack(1) | セールスレター作成関連
2006年05月28日

『疑似体験』させるのに有効な方法とは?

人気blogランキング、引越しました!
そして、現在第5位。
鬼ブログランキングもちょっとずつ上がってきてます!!
あなたのおかげです!!
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【宣伝術・その17】 『疑似体験』させるのに有効な方法とは?









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。







音楽を聴くときに、ただ音だけを聴くのと、
映像を見ながら聴くのではかなりの差があります。


それは、やはり視覚的に訴えることで、リスナーの共感度が違ってくるからです。


なので、プロモーションビデオというのは、かなり重要になってきます。


最近は特にですが、楽曲の歌詞をイメージしたドラマ仕立ての
プロモーションビデオなども結構増えてきていると思います。



普通リスナーは、曲を聴いて、歌詞を見て、自分とオーバーラップさせ、共感したりします。


それに映像が加わると共感度が増します。
さらに、歌っている映像よりも、より歌詞の内容視覚化した映像の方が
伝わりやすいからでしょう。



別の例で言います。



ドラマのタイアップ曲は、売れることが多いです。
もちろん、楽曲が多く露出されるというのもあります。


ただ、それよりも、ドラマの内容と楽曲、さらには自分自身を
オーバーラップさせてしまい共感するからなのです。





情報販売のセールスページで、物語風な文章が多いのもこれと同じです。





物語を使うことによって、そのページに相手を引き込んでいるわけです。


物語を使うメリットを一連の流れであげると、


読みやすくなる。

↓ ↓ ↓ ↓

相手を引き込みやすい

↓ ↓ ↓ ↓

感情移入しやすくなる

↓ ↓ ↓ ↓

共感する

↓ ↓ ↓ ↓

擬似体験をしてしまう

↓ ↓ ↓ ↓

成果を出した自分を想像する

↓ ↓ ↓ ↓

買ってしまう


こんな感じでしょうか?


確かに、ただの説明文が羅列されているよりも、読みやすくなりますからね。


物語はかなり有効だと思います。







ただですね。


ただ物語を書く上で、かなり重要なことがあるんですよ。


これ、今日のポイントです。







要は、


物語の中に


『どれだけ視覚的描写など、五感を刺激する描写』


を盛り込めるかということです。



例えば、


車 ⇔ 赤い

団扇であおいでいる ⇔ 団扇でパタパタとあおいでいる

なんか臭う ⇔ なんか焼き魚の臭いがする


みたいに具体的に描写をしてあげることです。


ぜんぜん頭に描く絵が変わるでしょう?



これによって、頭に思い浮かべる映像というのが、
より鮮明になり、疑似体験しやすくなります。


これを意識するかしないかでは、物語の効果にも差が出てくると思います。





最近、セールスページで、映像素材を使ったものが増えていますが、


この映像を、物語を映像化したショートムービーみたいに
できたらおもしろいかもしれないですね。


ちょっとお金かかるかもしれないですけど。


でも今は簡単に撮影、編集を自分でできますからね。



それとか、物語の文章のところどころイメージ写真を入れちゃうのも効果的かもしれないですね。


いずれにせよ、


読み手が、どんな映像を思い浮かべるかを想定した物語作りを心がけたほうが、
より効果をえられる可能性が高いということです。














最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 10:31 | Comment(55) | TrackBack(0) | セールスレター作成関連
2006年05月27日

『第三者の声』の必要性を考える

人気blogランキング、引越しました!
そして、現在第5位。
鬼ブログランキングもちょっとずつ上がってきてます!!
あなたのおかげです!!
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング










「これ、オレが作ったんだけど、最高にいい出来だからさ、買ってよ」

と、作った本人に薦められたとき


「あいつ作ったアレさ、かなりいいよ。買ってみたら」

と第三者に薦められたとき


あなたなら、どちらに薦められたときに買う可能性が高いですか?







【宣伝術・その16】 『第三者の声』の必要性を考える







こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。







アーティストの作品リリース時のプロモーションとして、雑誌に記事を露出します。


その時のパターンとして、大きく2通りが考えられます。

1.アーティスト本人にインタビューをした「インタビュー記事」
2.著名な音楽評論家が作品を分析して書き下ろした「書き原記事」(こう呼んでました)

この2つです。


一般的には、インタビューをたくさん露出するのが、良しとされてたりしますが、
ボクらは、アーティストの「インタビュー」というのを極力抑えて、
「書き原」を多く出すようにしました。


もちろん、「インタビュー」も載せていましたが、掲載する雑誌を選びました。

よりコアなファン層が読む雑誌には「インタビュー」
ファン層以外も読むであろう情報系の雑誌には「書き原」

という具合です。



一体なぜだと思います?



それは、読み手の心理を考えたからです。


作品の記事ですから、作品を悪く言うわけがありません。


ということは、本人インタビューだと、「自分の作品を褒める」ことになります。


これが、読者にとってどう感じられるか。


場合によっては、すごく嫌味に感じられるんですよね。




逆に、有名な評論家などの第三者が作品を褒めると、


「へぇ〜、そんなににいいんだ」


ってことになることが多いのです。






情報商材の販売ページには、モニターの声であったり、
著名な起業家の推薦の言葉が載っている場合が多いと思います。






これって同じことなんですよね。


第三者や著名な起業家が商材を褒めたり薦めたりすることで、
相手の購買意欲に差でてくるんですよね。


ただ、情報起業の場合は、自分の商材を販売ページでセールスするのですから、
自分を褒めることを避けることはできません。


なので、「第三者の声」をどの段階で出していくかというのも
非常に重要なポイントになってくると考えています。


いろいろ販売ページを観察してみると、
推薦の言葉を割りと前半部分に持ってきているものもけっこうあります。


それとか、ある程度実績のある人であれば、
前半部分に自分が取り上げられた雑誌記事などの紹介をしてたりします。


これは、「自分を褒める」より先に、
「人に褒められている」という印象付けるためなのではと思います。



別のやり方としては、「ダメ押し」的な使い方をする場合ですね。


このほうが多いかもしれません。


この場合は、そこにいきつくまでどうやって読ませるかという
絶妙なテクニックが施されてますよね。





どちらにしても、「第三者の声」が与える影響は大きいだろうということです。


これがあるのとないのとでは、商材の信用度は全然違うでしょう。





セールスレターを書く機会が出てきたら、絶対やったほうがいいことの一つだと思いますよ。

















最後まで読んでくれてありがとうございます!!

良かったら、
「ポチッ」と応援よろしくお願いします!
「ポチッ」済コメントくだされば、ボクも「ポチッ」しにいきます!

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 14:45 | Comment(39) | TrackBack(1) | セールスレター作成関連
ブログアフィリエイト戦略暴露ブログ インデックス
         
◆ごあいさつ&目次
 └『情報起業で稼ぐ超ユニーク戦略大暴露!』  
◆販売戦略を考えよう!
 ├『マインドコントロール』
 ├『おまけ商法』これからどうなる!?
 ├『セミナー告知方法』を考えてみました。
 ├続・『飢餓感』を与える
 ├『飢餓感』を与える
 ├『ブレイクポイント』はどこだ!?
 ├『続・モチベーションアップ対策』
 └『モチベーションアップ対策』
◆プロモーション戦略はどうする?
 ├『ブランディングとセールス』の場を意識しよう!
 └『メディアミックス』で相乗効果を狙う
◆セールスレター作成したいなら
 ├『長持ち』するための秘訣
 ├『大』から『小』へ導く
 ├『ギャップ効果』で共感させる
 ├『疑似体験』させるのに有効な方法とは?
 ├『第三者の声』の必要性を考える
 └『ビジュアル戦略』...情報起業にあてはめると?
◆商材を作るには?
 ├『「無料」と「有料」の差』って何!?
 ├『商材作成ぶっとびアイデア』こんなのできる!?
 ├『簡単商材作成方法』を考えてみました!
 └『無料レポートの内容』ってどうやって決める?



   
◆ブログ戦略を考えよう!
 ├『ランキングクリック』の謎
 ├『更新時間告知』、増えてます!
 ├『カテゴリーの重要性』について
 ├『コメントしやすい記事』心がけてます?
 ├『コメント返し』効率的な方法は?
 ├『コメント返し』してますか?
 ├『追記機能は使うべきか』当ブログが出した結論は?
 ├『日付表示』当ブログが出した結論は?
 ├『続きを読む』は「使う人」ですか?
 ├『日付け』は「入れる派」ですか?
 ├『新着記事』まで何秒かかりますか?
 ├『ブログの色』は何色ですか?
 ├『真のランキング攻略術!』教えます!
 ├『カスタマイズ』は必要!?
 ├『タイトルバナー』についてです!
 ├『サイドバー』でも研究してみますか!
 ├『客観的』に見てますか〜!?
 ├『ゲーム性』を取り入れてみよう!
 ├『ランキングカテゴリー』をうまく使う
 ├『コメント回り』どうしてますか〜?
 ├『ブログ更新』する1番いい時間帯は?
 ├『ブログ更新』っていつしてますか〜?
 └『上位ランクインする意味』を考える
◆SEOを勉強しよう!
 ├『リンク』の最適な数って!?
 ├『メルマガ × ブログ』をフル活用しよう!
 ├『メルマガ』でSEO!!
 ├『コメントスパム』って何?
 ├『コメント』って大事なんです!
 ├『alt属性』って聞いたことある?
 ├『こちらをクリック』がダメな理由は?
 ├『インデックス』をフッターに置いてみよう!
 ├『フッター』をうまく使ってますか?
 ├『トップに戻る』表記はどうしてますか?
 ├『迷路ブログ』になってませんか?
 ├『箇条書き』はしてますか?
 ├『センタータグ』も使っちゃおう!
 ├『強調タグ』を憶えよう!
 ├『h2タグ』を日付からはずしちゃおう!
 ├『hタグ』の基本ルールを知っておこう!
 ├『タイトルタグ』で気になったこと
 ├『メタタグ』の設定をしちゃおう!
 ├『タイトルタグ』だけ変えちゃおう!
 ├『タイトルタグ』について
 ├『HTMLの基本構造』を確認しよう!
 └『SEO対策』はなぜ必要?
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

>