2006年09月24日

『カラーマーケティング』....大切ですよ。

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

ランキング広告ドットコム  ← 新規参入です!!











【戦略・その132】 『カラーマーケティング』....大切ですよ。





こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。















以前にも1度、記事として取り上げたことがあるのですけど.......


「カラーマーケティング」についてちょっと書きます。





「色」には、いろんなイメージが存在します。


そして、そのイメージは相手に対して、さまざまな心理的効果を与えます。





例えば、わかりやすいところでいうと、


色には「暖色系」、「寒色系」というのがありますよね。


「暖色系」だと、赤、オレンジ、黄色など、「寒色系」だと、青、緑などがありますね。


当然、これらは、その系統からいって、暖かいイメージ、寒いイメージがあります。


まぁ、このへんはわかりますよね。





でも、これ以外にも、いろんな心理的効果があるのです。





その中でも、「時間の経過」、「心の興奮、沈静作用」なんかがあります。


先ほどあげた暖色系、寒色系の2系統で分けて考えてみると、


暖色系 ⇒ 時間の経過が長く感じる ⇒ 興奮する

寒色系 ⇒ 時間の経過が短く感じる ⇒ 落ち着く


こんな風に分けられます。





これ、知ってました?





さてさて、


なんで、こんなことを話しているかわかりますか?





そうです。





ブログの色です。





ブログにはさまざまな色のテンプレートがあります。


その中から選ばなければいけないのですが、その選ぶ基準として、
今言った心理的効果を参考に選ぶといいですよということです。





私たちは、ブログでビジネスをしようとしています。


ブログに訪問してくれた人には、できるだけ長く留まってもらって、
落ち着いて物事を判断してもらう必要があります。


ということは、


できれば「寒色系」の色のほうがいいのではないかといえますね。


このほうが、訪問者は、


「まだちょっとしか時間がたっていないから、もう少しゆっくり見てみよう」


と思ったり、


「色合いから、落ち着いた気分になり居心地がよい」


と感じてもらえる効果がでてきます。





他にも、「寒色系」だと、信頼感、誠実さなどの印象も与え、
ビジネス交渉するのに適した色ともいわれています。


ただ、やはり、「寒色系」といわれるだけに、寒さを感じたりする場合もあるので、
ポイントポイントに「暖色系」の色をもってくることでアクセントをつけてあげると
寒いという印象もうすれるのでいいようですね。





どうでしょうかね。


こんなのをもとに、もう一度、自分のブログのテンプレートを見直してみるのもいいかもしれないですよ。





私も一応このこを基準に色を決めてはいますが、
もう少しいじってみようかなとも思っています。





けっこう「色」って大事なんですよ。


自分では気づいていないかもしれないですが、
自然と「色」のイメージで気持ちが動かされているものですからね。





今度、もう少し別の形で、さらに詳しく「色」について考察してみますね。





あっ、そうそう。


「爆転」のレヴュー、ちょっと待ってくださいね。


やっぱり、じっくり読まないと。










では。










最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

ランキング広告ドットコム  ← 新規参入です!!

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:29 | Comment(46) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年08月14日

『予約させない戦略!』

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その91】 『予約させない戦略!』







こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








復帰しました!!!





休み中は、たくさんの応援、ありがとうございました!!


今日から怒涛の応援返しにいきますので、お待ちください!!





え〜とですね、昨日まで南房総に行ってたんですけど、おもしろい光景を目にしました。


某○○シーワールドってところに行ったんですが、そこでイルカに触れるというオプションプランがありまして、娘が以前からやりたがってたんです、それを。

なもんですから、事前に予約しようと思って電話したら、予約は受け付けてないっていうんですね。


しかも、朝の8時から整理券を配るっていうわけです。


仕方ないので夜中から高速ぶっ飛ばしていきましたよ、半分寝ながら......(汗)

なんとかたどり着いたんですが、すでにおそく、長蛇の列をつくっていました。

ようやく整理券をもらったんですが、そこから今度はチケットを買うための列にならばされたわけです。


で、この列にならばされてる間に人がたくさん寄ってくるんですね。


みんな係りの人に列の理由を聞いては立ち去っていってました。


おそらく行列に惹かれて近寄り、断られていったんだと思います。





これは、以前にも話したことのある行列の心理ですよね。


それに「断られる」ことで、よりいっそう見たくなるという心理効果を巧みに使ってたんですよね。





実は、ボク自身が去年同じ思いをして、一年たった今、再度来てるわけですから、同じようにまた来る人もいるんじゃないでしょうかね。





うまく心理作戦にやられました。





リアルの世界も、いろいろ観察するとおもしろいですね!





ということで、今日はこのくらいで、明日から本格復帰しますね!





また、よろしくです!





あっ、後でお土産アップしておきますので。









ということで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:23 | Comment(17) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年08月04日

『亀田興毅世界戦』その情報戦略とは?

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その84】 『亀田興毅世界戦』その情報戦略とは?









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








52.9%........。


なんの数字か分かりますか?


一昨日行われた亀田興毅世界戦の瞬間最高視聴率です。





いやぁ〜、久しぶりに感動しました。


亀田選手の判定を聞いた後に泣き崩れた顔.......。


まだ目に焼きついています。


判定の是非が問われたりもしてますが、そんなことは関係ないですね。


おそらく、この世界戦の放送を見て、感動した人、勇気付けられた人はたくさんいると思います。


「自分にも何かできるんじゃないか」

「僕も大きくなったら強くなってやる」


とかね。


率直な感想ですね。





そして、この世界戦で、亀田選手と同様に勝利を得た人がいるんですね。


人じゃないですけど、そう、それは、TBSです。


ものすごい情報戦略だったと、ボクは思います。


正直、普通に世界戦を放映しているだけじゃ、ここまでの感動を与えることできなかったと思いますね。


世界タイトルマッチは、これまでにもいくつも放送してきいるはずです。


でも、ここまでの感動、共感はなかったと思います。





では、なんで、ここまでの感動を与えることができたのでしょうか?





答えはただひとつだけです。


それは、「情報」です。


亀田家や所属ジムのマスコミへのプロモーション活動など、
世界戦を前にして亀田ブームを巻き起こすまでになった情報戦略が
全ての布石となってこの世界戦へとつながったのだと思います。


その仕掛け人がTBSですよね。


TBSは、亀田3兄弟のブームが始まる前から密着取材をしてきたわけですから。


で、なにがすごいって、TBSとしては、その取材を始めたときから、
今回の世界戦までのシナリオを立てていただろうということですよね。


亀田家の家庭環境など、普通とは違った面を全面に打ち出し、
情報をボクらにインプットしてきたわけです。


そして、極めつけは、番組構成ですよね。


試合が始まったのは確か21時くらいだったと思うのですが、
それまでの構成、内容が感動に拍車をかけましたよね。


なんといっても、過去の映像特集。


亀田選手の幼いころの映像、卒賞式でチャンピオンになると宣言した映像、
小さいころはいじめられっ子だったという再現ビデオ、
これら全てが伏線になっていったんでしょうね。


そして、偶然にも緊張しきった亀田選手のいつもと違う試合運び。

いきなりのダウン。

フルラウンドの試合。

判定。

もしかしたら負けかもしれないという試合内容。


全てが、過去の情報と一緒に集結したところでの判定勝ち。


あれだけ普段は強がっている亀田選手の泣き崩れる顔。

父親と抱き合う姿。


全部、この一瞬にリンクしたわけですよね。


偶然が味方してくれたのも事実ですが、
そこまでを予想してシナリオを組んできたTBSの勝利でもあったんでしょうね。


それが、瞬間視聴率52.9%という数字なわけですね。





なんか、ボクらがいつも見ているセールスレターに通ずるものがありますよね。


単純に、そんなことを思いました。


なんか嫌なものの見方ですけど、とても勉強にもなりました。











そんな感じで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:00 | Comment(38) | TrackBack(2) | マーケティング心理学関連
2006年08月03日

『ご一緒にいかがですか』戦略の意味って!?

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その83】 『ご一緒にいかがですか』戦略の意味って!?









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








コメントでお世話になってる風さんこと川久保さんが、
ご自身のブログ「【0資金ネット起業】ネットに投資する金はネットで稼げ!」で
おもしろい記事を書かれていたので、ボクなりに勉強してみました。


風さんのブログ

↓ ↓ ↓ ↓

【0資金ネット起業】ネットに投資する金はネットで稼げ!





どいうものかというと、「衝動買いの心理」についてです。


人は衝動買いをすることがありますが、そのとき、人の脳はあまり働いていないというお話でした。


本当に働いていいないでしょうか?





まず、衝動買いするときの典型的なパターンなのですが、
風さんの記事でもあったのですが、本来の目的の商品の関連商品が多いんですね。


例えば、車を買うとき。


車本体に加えて、オプションの品々を買ってしまうようなことってありますよね。


車じゃなくても、PCでも周辺機器を一緒に買ってしまうとか。


おそらく経験あると思います。


このときに共通しているのが、もともとの目的の商品よりも安いものを
衝動買いしているということです。





実は、ここには、


「コントラストの原理」


という心理が働いていて、
もともとの目的の商品と比較してしまってるんですね。





なにを比較してるかって?


価格ですよ。


本体ものに比べると関連商品は安いものが多いですから、
別に買っても平気かなという心理になってしまっているわけです。


金銭感覚の麻痺状態ですよね。


この商品が高ければ高いほど、麻痺は大きく、
例えば、家を買った場合など、数十万円する家具でさえ安く感じてしまうわけです。


本体の家が何千万円もするわけですから、比較したら安いですよね。


決して安いものでなくても、本体ものに比べれば安いものは、
余計に安く感じて衝動買いをしてしまうわけですね。





つまり、衝動買いしてるときに脳が働いてないというのは、
金銭感覚の麻痺状態のことをいうのではないかなと思ったわけです。


そして、このことは心理学的にも「コントラストの原理」で説明ができちゃうわけなんですね。





普段お店で、


「ご一緒にこちらの商品もいかがですか?」


みたいにいわれるのは、完璧に戦略なわけです。





この手の心理もネットビジネスでうまく利用したいものです。










ということで、今日は、さらりと。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:04 | Comment(45) | TrackBack(1) | マーケティング心理学関連
2006年08月02日

『先に与える』の意味って!?

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その82】 『先に与える』の意味って!?









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








よくブログの記事で、「先に与える」という言葉を見かけますよね。


まず「先に与えることが大切」とされています。





「先に与える」ってどういうことでしょうか?


「先に与える」とどうなるんでしょうか?


なぜ「先に与える」のでしょうか?





「先に与える」だらけになっちゃいましたが、結局、この意味は、別の言葉で言うと、


「謙虚になりなさい」


ってことでしょうかね。





人に何かを望むのであれば、待っているのではなく、自分から先に与えなさい。


そうすれば、いずれ自分も得るものがあるということですよね。





ここのところマーケティング心理学のことを記事にしてるんで、
これに関連付けて考えてみたいと思います。





この「先に与える」という行為。


実は、マーケティング心理学的にも、説明できる行為なんですよね。





マーケティング心理学に、「返報性の原理」というものがあります。


人は、何かを与えられると、与えられたままの状態ではいられずに、
なにかお返しをしなければならないという心理状態になるようなのです。


これを「返報性の原理」といいます。


まさに「先に与える」の裏側には、こお「返報性の原理」が働いているわけです。





この「何かお返しをしてあげなくては」と思う心理。


とてもわかりやすい例えがあります。


普段、ボクらがブログでやっているコメント回り。


自分はまだコメントにいってないのにコメントをもらったとき。


「あ〜、応援にいかなきゃ!」とか思いませんか?


これ、まさに「返報性の原理」ですね。





他にも、ブログを紹介してもらったとき。


お返しに紹介してあげなきゃと思いますよね?


これもそうですよ。





なにか「情報」を提供したりするのも「先に与える」行為で、
直接、自分に与えられたものでなくても、
潜在的には、この原理が働いているのだと思います。


普段何気なくやっている、あるいは、そうするのが当たり前だとおもわれている
「先に与える」という行為には、こんな心理学的作用があったんですね。





では、「先に与える」という行為は、心理学と結びつけて考えられた戦略だったのでしょうか?


それは違うのではないかと思います。


もしかしたら、人間の本能的なものなのかもしれないですね。


人間のやさしというか、見返りなどは気にせず、無意識のうちにやっているのかもしれません。


結果的に心理学との関連性もあったというだけであってね。





でも、この事実を知ると、「先に与える」という行為の価値が
より一層高まるんじゃないでしょうかね。


だからといって、見返りなどは気にせずに、どんどん「先に与え」て、
いろんな情報を共有して、前進したいですけどね。









ということで、今日はこの辺で。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:00 | Comment(41) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年08月01日

『AIDA+Rの法則』で最強!?

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その81】 『AIDA+Rの法則』で最強!?









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








知ってる人も多いかと思いますが、


「AIDAの法則」


というのがあります。





これは、人が商品を購入するまでの心理変化を表したもので、


Attention(注意)

Interest(興味)

Desire(欲求)

Action(行動)


という言葉のイニシャルをとったものです。


商品を売る側としては、この心理変化に合わせて、


いかに注目させ ⇒ 興味をもたせて ⇒ 欲求をかりたたせて ⇒ 行動させる


かを考えて、マーケティングプランを考えていくわけです。


ボクらのやっている「情報販売」、「アフィリエイト」などは、
セールスレターの中にこれらを一連の流れで盛り込んでいったりしますね。





これは、マーケティングの基本原則でよく知られるものですね。


でも、今日、ボクが記事にしているのは、


「AIDA + Rの法則」となってますね。


「R」というのが加わっています。


これは一体なんでしょうか?





これを説明する前に、もう1度「AIDAの法則」をみてください。


最後は「行動」になってますよね。


購買者にとって、「行動」とはなんでしょう?





そうですよね。


「買う」ことですよね。


「AIDAの法則」は「買う」という行動で終わってるのです。


でも、購入者にとって、商品を買って、それで終わりでしょうか?





ちょっと考えてみてください。





買った後に、こんなことを考えたことはないですか?


「本当にこの商品を買って正解だったのか」

「もっと他にいいものがあったんじゃないのか」


なんてことを考えたことないですか?


ありますよね?





実は、これは、商品を買った後に起こる心理状態なんですね。


これを、「認知的不協和」といいます。





それで、人は、この気持ちをなんとか納得させようとするのです。


「正解だったのだ」と納得させようとするのです。


これを、「認知的不協和の解消」といって、
英語表記するとResolve the cognitive dissonanceと表記します。





「R」とは、これのイニシャルだったんですね。





で、これは、あくまでも購入者の心理状態です。


ボクらは、この心理状態に合わせて「認知的不協和を解消してあげる」
ことをしなければいけないのです。


つまりは、アフターフォローみたいなものですね。


「あなたはこの商品を買って正解だったんですよ」と思わせるサービスや
情報提供をしてあげるのが重要なのです。


普段、情報商材を買ったりすると、「サポート」がついてきますよね。


これは、単に購買意欲を駆り立てるだけではなく、こういった意味もあったわけです。


なので、「AIDAの法則」だけでは、ただの売り切りになりかねないのです。


これに「R」が加わった「AIDA + Rの法則」で初めて、双方が満足することになるわけですね。





で、実は、この法則というのは、ネットに限らずリアルビジネスでも基本的なことなのですが、
これとは違った「アイサスの法則」というのがあるようなのですね。


これは、昨日、コメント回りをしているときに、
日本非代表さんが記事として取り上げていたものなんですが、
ネットビジネスには、こちらの方が当てあまるのではということです。


よかったら、この法則も勉強してみてはいかがでしょうか。


ボクも、これは全然しらなかったので、とても勉強になりました。


日本非代表さんのブログに詳しく書かれています。


日本非代表さんのブログ

↓ ↓ ↓ ↓

情報商材を評価して原稿料をゲットしよう
 /ネットビジネスの基本原則「アイサスの法則」



よかったら訪問してみてください。









ということで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:00 | Comment(58) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年07月31日

『天邪鬼な心』を利用しちゃえ!!

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その80】 『天邪鬼な心』を利用しちゃえ!!









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








人間って、不思議ですよね。


元来、天邪鬼なのかもしれないですね。


なんでかっていうと、例えば、


「〜してください!」


とお願いされたりすると、


「嫌だ」とか「できない」とか、


なぜか逆の行動をとるか、そうでなくても意識的にそう思ったりするものです。





人間はもともと、自由にものごとを判断したり選択したりできるのに
あることを強いられたりすると、


「自分で選択する自由を奪われたという気持ち」


になって反発する心の働きがでてくるみたいです。





これを、心理学的に


「心理的リアクタンス」


と呼ばれ、逆方向に態度を変化させていこうとするのです。


あっ、別に言葉は覚えなくてもいいですよ。


       .......っていうと憶えちゃったりして。





これって、うまく利用するとけっこう使えますよね。





最近、こういうのよく見かけませんか?


「○○○な人は、読まないでください!」


っていうキャッチコピー。


こういう風に書かれると、逆に読みたくなっちゃいますよね。


大抵の人が続きを読むんじゃないですか?


これは、まさに、「心理的リアクタンス」をうまく利用したキャッチコピーですよね。





何かをしてほしいことがある場合には、


「〜しないでくれ!」


という風にいえば、逆の行動をとってくれるかもしれないわけです。





これは、アフィリの文章とかにも十分役に立ちそうなんで、うまく取り入れられればなと思います。








ということで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:05 | Comment(57) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年07月30日

『デメリットは信頼の素』.....なのだ!!

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その79】 『デメリットは信頼の素』.....なのだ!!









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








昨日、さささんのブログ記事を読んでいて


「成功と失敗 皆さんはどちらに興味ありますか?」


という質問があって、ちょっと記事にしようかなと思いました。


さささんのブログ記事

↓ ↓ ↓ ↓

補講:セールスレターの失敗例
 /セールスに教えてもらおう!




さささん、ありがとう!





ということで、何を書こうかと思ったかというと、


・「メリットばかりを言う人」

・「デメリットもしっかりと教えてくれる人」


どちらを信用しますか?


ということです。





成功例ばかりあげて失敗例を全くあげないセールスレター。


なんか、胡散臭くないですか?


そんなの信用できるわけがないですよ。





不思議なことに、人は、メリットばかりを言われると、「不信感」を持ちます。


「こいつ、売りたいがために、いいことしか言わないんじゃないのか?」


みたいな感じですよね。





逆に、メリットばかりでなく、デメリットも言われると、「信頼感」が生まれます。


「正直に、悪い面も教えてくれるんだから、こいつの言ってることは信用できるかもしれない」


こんな感じです。





ただ、デメリットだけが表面化するのもよくないので、
その辺のバランスは大切だと思いますが。





それと、ボクの見解なんですが、「デメリット」と「メリット」、
どちらを先に提示するかということも重要なポイントになるかなと思ってます。





人は、メリットよりもデメリットのほうを信じやすい生き物です。


単純にデメリットを言うことで正直だと思われながら、まず信用してもらうことができるのです。


これこそデメリットのパワーです。


なので、まず「デメリット」を提示して信用してもらってから、それ補いつつ「メリット」を提示していく。


この流れがとても美しいんじゃないかなと思います。





「メリット」をたくさん並べて、不信感を抱かれながら、
最後に「デメリット」も言って最後に信じてもらう。


それとも、


「デメリット」を先に言って、まず信じてもらい、徐々に「メリット」も言って、
さらに信用してもらう。





さぁ、あなたならどっちにしますか?





こんな風に考えると、なんか突飛なキャッチコピーができそうですね。










ということで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:00 | Comment(49) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年07月29日

『行列のできる○○○』の魅力って?

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その78】 『行列のできる○○○』の魅力って?









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








ラーメンは好きですか?


ボクは、かなり好きです!


「うまい」といわれるラーメン屋は、100軒以上は食い歩いています。


その中でも、やっぱり六本木の「天鳳」は最高ですね。


「1・3・5」っていうラーメンがあるんですけど、ヤバイですよ!


食べてみてくださいな。





さて、昨日、元イケメンボクサー白川さんに、ブログを紹介していただきました!


ありがとうございます!


白川さん!


一度食べてみてください!


白川さんのブログ

↓ ↓ ↓ ↓

情報起業トレーニングジム 元イケメンボクサー月収100万プロジェクト





え〜と、それでは、本題。





おそらく経験あると思うんですが、街中で行列作っている店とか見かけますよね。


そういうときって、理屈抜きで、「きっとうまいんだろうなぁ」と思ってしまうでしょう。


映画館とかでも、人気のある映画は並びますよね。


あれも、館内で並ばせればいいのに、わざわざ外に並ばせたりするんですよね。


そうすると賑わいを演出できるじゃないですか。


わざと整理券を発行しなかったりね。





なんで、こんなことをするかというと人間って、
「他人の行動」に左右されやすいからなんです。


この行列を見て、ほとんどの人が興味を示すんです。


そうして、自分も並ばなきゃいけないのかなって気持ちになったりします。


そこで、並ばなくても、後日、その映画を見に行ってしまったりもするわけです。





要するに、賑わってるところには、自然と人が集まってくるんです。


だから、みなさん賑わいを演出するための工夫をするのです。





それがネットとどう関係があるの?





そうですね。


その話をしないと。





この前、お小遣いの達人の林さんがブログで記事にしてたことがあります。


「ブログの賑わい」についての記事です。


林さんのブログ

↓ ↓ ↓ ↓

お小遣い稼ぎの達人!ネットで副収入


すごくわかりやすく説明されてたんで参考にしていただきたいんですが、
ボクがいいたいのは、まさに林さんの記事に書いてあることなんです。





かんたんに言っちゃうと、ブログの「賑わい」=「コメント数」ともとれるわけで、
それをうまく工夫して演出できれば、効果がありますよね。


要は、自ブログ内での「コメント返し」をして、コメント数を多くして、賑やかにしようということです。


人がたくさん集まって、たくさんのコメントを残していくと、そのブログが賑わっているように思えるわけです。


そうすれば、「行列」とおなじような効果が得られる可能性大ですよね。


そのことを林さんはわかりやすく解説してくれてます。


詳しくは、林さんのブログを参考にしてみてください。


林さんのブログ

↓ ↓ ↓ ↓

お小遣い稼ぎの達人!ネットで副収入





あっ、そうそう。


ボクの「コメント」に関するレポート、まもなく完成します。


申し込んでくれた方、お待たせしてます!


できたら、すぐに送りますね!









ということで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:13 | Comment(44) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年07月28日

『利得のリスク』と『損失のリスク』の歪みって?

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その77】 『利得のリスク』と『損失のリスク』の歪みって?









こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








え〜、今日も、昨日に引き続きマーケティング心理学の話をしますね。





ボクは株式投資もするんですが、これまで結構損失を出してきました。


最高で1日に13万円損したことがあります(泣)。


ホントですよ! かわいそうでしょ?


こういう大きな損失を出さないために「損切り」というルールがあるんですが、
これが中々できないんです。


なんでかっていうと、すぐ損切りすれば○○円で損失が限定されるのに、
もう少ししたら株価が回復して損失を少なくできるのではという期待をしてしまうからです。


その結果、1日に13万円も損するアホが出てくるわけです。





さて、本題です。





次のような選択肢があったとします。


A.100%の確立で8,000円の損失

B.80%の確立で10,000円の損失


こういうとき、あなただったらどちらを選びますか?





ボクはね、Bを選んじゃうんですよ。


そして、大抵の人がBを選んじゃうんですね。


でも、Aを選んだほうが、損失は少なく済む可能性が高いのです。


Aは8,000円より損をすることはありません。
でも、Bは20%の確立で10,000円以下の損失、
あるいは8,000円以下の損失に抑えられるかもしれないという
期待が働いちゃうんですね。


株式投資では常識のマネー心理学なんですが、中々できないんですね。





これは、損失の場合ですが、逆に利得の場合のパターンもあります。





利得の場合はこんな感じです。


A.100%の確率で2,000円をもらえる

B.80%の確率で4,000円がもらえる


さぁ、あなただったらどちらを選びますか?





この場合、大抵の人がAを選んじゃうんですね。


Aは2,000円なら確実にもらえます。
でも、Bの場合、20%の確率でもらえないかもしれないけど、
80%の確率で4,000円をもらえるかもしれない。


にもかかわらず、Aを選んじゃうんですね。





なんか不思議じゃないですか?


利得に対するリスクは負わないけど、損失に対するリスクは負う。

利得の場合は確実性を求めるけど、損失には確実性は求めないんですね。


これが、人間の心理で、「欲」というものでもあるんですね。





これ、実は、ビジネスにも応用がききます。


例えば、お客さんにプレゼントをするとします。


プレゼントに応募してきてくれたお客さんは、そのままハウスリストに加わっていきます。


こういうときに、あなたはどちらのプレゼント方法をとりますか?


A.500円の商品券を応募者全員にプレゼント

B.2,000円の商品券を抽選で○○名さまにプレゼント


さぁ、どちらですか?





これは、Aを選んだほうがいいんですね。


おそらく、Aの方が応募者が多くなると考えられるからです。


一見、抽選でも2,000円の商品券が当たるかもしれないといって
Bのほうが多く応募があるように思えますが、
人間は安くても確実にもらえるAに多く人が集まるんですね。




それとか、例えば商材を出すとき。


A.「1ヶ月に30万円も夢じゃない究極のアフィリエイトテクニック」

B.「確実に1ヶ月5万円稼ぐかんたんアフィリエイトテクニック」


こんな2つの商材があったとします。


これ、どちらに人が集まると思います?


じっさいの答えは蓋をあけてみないとわかりませんが、
Bになる可能性は高いですね。


Bのほうが、金額は少ないけど、確実性があるし、現実的ですからね。




どうでしょうかね?


今後、ネットビジネスに役立ちそうですか?


ちょっと分かりにくい文章だったかもしれないですが、知っておいて損はない心理テクニックだと思いますよ。









ということで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:00 | Comment(50) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
2006年07月27日

『美女と車』の関係って?????

いつも応援ありがとうございます!!
あなたのおかげで、いつもがんばることができます。
感謝してます!!

今日も応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気blogランキング

鬼ブログランキング











【戦略・その76】 『美女と車』の関係って?????








こんにちわ。

“元宣伝マン・スージー”です。

私は、ミュージック・ビジネスにおける“宣伝”の仕事に
10年間に渡って携わってきました。

そこで得たノウハウが、“情報起業”でどれだけ応用できるかを
いろんな事例をもとに考えていってます。








今日はちょっと嗜好を変えてマーケティング心理学の話をします。





昔からなんでだろうなと思ってたことがあります。





それは、


「なんでカー雑誌の表紙には水着姿の女の人がいるんだろう」


ってことです。


かならずといっていいほど、車のわきに水着姿だったり、
それに近い格好をした女の人が一緒に写ってますよね?





それとか、居酒屋とかに貼ってある生ビールのポスター。





これも夏なら水着、夏以外だと和服姿の女の人が写ってませんか?





すごく不思議だったんですよね。


でも、これにはマーケティング心理学的な深〜い理由があったんです。





男の人だったら、製品のわきに立っている美女に惹かれますよね。


惹かれますよね?


製品なんかよりも女の人のほうが気になっちゃうと思うんですよね。


でも、ここで、人間は、その美女の持っている魅力を、
となりにある製品にも感じてしまうらしいのです。


不思議ですけど、深層心理的にそう感じてしまうそうなのです。


これを「連合の原理」っていうらしいんですけどね。


憶えなくていいですよ、言葉は。





この話を聞いて、長年のボクの疑問はクリアになりました。


そして、このテクニックは情報販売やアフィリエイトとかにも
応用できるかもしれないなぁとか思いました。


例えば、よく商材のセールスレターにビジネスマンだったり、
ちょっと優雅な生活をしている女の人のイメージ写真が使われていますが、
これも同じようなものなのかなぁと。


単純に、未来の自分の姿を連想させようとしてるのでしょうけど、
似たところはあるかなと思いまして。





それとか、もし、ビジュアルに自信がある人であれば、
積極的に顔を出していくことによって、その人とその人が進める商材の魅力が
一致してくることもありうるんじゃないのかなとかも思ったりして。


だとしたら、女の人は得ですよね。





そこで、企画です。


ボクがアフィリをするときのイメージキャラクターになってくれる女性を募集します!


報酬はアフィリ利益の半額........










........ウソです。


募集取りやめです、すみません(汗)


あなたの美貌は、あなたのためにお使いください。


ボクもがんばって美しくなりますので、ご心配なく。





あっ、そこの人、ボクのイラスト見ないでくださいね。


美しいのがバレますから(大汗)





なんかマーケティングの心理学って面白いっすね。


ちょっといろいろと調べて記事にしてみようかな。


賛成の人は、「賛成」、反対の人は、「そんなのやめろ!」とコメント欄に残してください。


今後の参考にさせていただきますので。









ということで。











最後まで読んでくれてありがとうございます!!


まだまだ参考になるブログはたくさんあります!!

人気ブログを探すのなら、ココ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキング.GIF
人気blogランキング

鬼ブログランキング





posted by スージー at 00:00 | Comment(52) | TrackBack(0) | マーケティング心理学関連
ブログアフィリエイト戦略暴露ブログ インデックス
         
◆ごあいさつ&目次
 └『情報起業で稼ぐ超ユニーク戦略大暴露!』  
◆販売戦略を考えよう!
 ├『マインドコントロール』
 ├『おまけ商法』これからどうなる!?
 ├『セミナー告知方法』を考えてみました。
 ├続・『飢餓感』を与える
 ├『飢餓感』を与える
 ├『ブレイクポイント』はどこだ!?
 ├『続・モチベーションアップ対策』
 └『モチベーションアップ対策』
◆プロモーション戦略はどうする?
 ├『ブランディングとセールス』の場を意識しよう!
 └『メディアミックス』で相乗効果を狙う
◆セールスレター作成したいなら
 ├『長持ち』するための秘訣
 ├『大』から『小』へ導く
 ├『ギャップ効果』で共感させる
 ├『疑似体験』させるのに有効な方法とは?
 ├『第三者の声』の必要性を考える
 └『ビジュアル戦略』...情報起業にあてはめると?
◆商材を作るには?
 ├『「無料」と「有料」の差』って何!?
 ├『商材作成ぶっとびアイデア』こんなのできる!?
 ├『簡単商材作成方法』を考えてみました!
 └『無料レポートの内容』ってどうやって決める?



   
◆ブログ戦略を考えよう!
 ├『ランキングクリック』の謎
 ├『更新時間告知』、増えてます!
 ├『カテゴリーの重要性』について
 ├『コメントしやすい記事』心がけてます?
 ├『コメント返し』効率的な方法は?
 ├『コメント返し』してますか?
 ├『追記機能は使うべきか』当ブログが出した結論は?
 ├『日付表示』当ブログが出した結論は?
 ├『続きを読む』は「使う人」ですか?
 ├『日付け』は「入れる派」ですか?
 ├『新着記事』まで何秒かかりますか?
 ├『ブログの色』は何色ですか?
 ├『真のランキング攻略術!』教えます!
 ├『カスタマイズ』は必要!?
 ├『タイトルバナー』についてです!
 ├『サイドバー』でも研究してみますか!
 ├『客観的』に見てますか〜!?
 ├『ゲーム性』を取り入れてみよう!
 ├『ランキングカテゴリー』をうまく使う
 ├『コメント回り』どうしてますか〜?
 ├『ブログ更新』する1番いい時間帯は?
 ├『ブログ更新』っていつしてますか〜?
 └『上位ランクインする意味』を考える
◆SEOを勉強しよう!
 ├『リンク』の最適な数って!?
 ├『メルマガ × ブログ』をフル活用しよう!
 ├『メルマガ』でSEO!!
 ├『コメントスパム』って何?
 ├『コメント』って大事なんです!
 ├『alt属性』って聞いたことある?
 ├『こちらをクリック』がダメな理由は?
 ├『インデックス』をフッターに置いてみよう!
 ├『フッター』をうまく使ってますか?
 ├『トップに戻る』表記はどうしてますか?
 ├『迷路ブログ』になってませんか?
 ├『箇条書き』はしてますか?
 ├『センタータグ』も使っちゃおう!
 ├『強調タグ』を憶えよう!
 ├『h2タグ』を日付からはずしちゃおう!
 ├『hタグ』の基本ルールを知っておこう!
 ├『タイトルタグ』で気になったこと
 ├『メタタグ』の設定をしちゃおう!
 ├『タイトルタグ』だけ変えちゃおう!
 ├『タイトルタグ』について
 ├『HTMLの基本構造』を確認しよう!
 └『SEO対策』はなぜ必要?
カテゴリ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

>